--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
10.04

ハイスコアガール

Category:
aueosjfjao.jpg

どもー紅茶です。

今回は「ハイスコアガール」という漫画についての記事になります。

この漫画は格闘ゲームがブームとなった1990年代のゲームセンターを舞台に、格闘ゲーム好きの主人公が1人の無口な女の子格闘ゲーマーと出会い、様々な格闘ゲームを共にプレイしていくというラブコメ漫画です。

この漫画の面白いところは、当時のゲームセンターの雰囲気を感じられるところと、キャラクターからゲームプレイ中の心情が伝わってくるところですね。

主人公である矢口 春雄(やぐち はるお)が作中でゲームを本当に面白そうにプレイするのが印象的で、見ているだけで僕もそのゲームをプレイしてみたくなります。

僕は1989年の生まれで、1990年代のゲームセンターは残念ながらほとんど体験していませんが、それでもゲームセンター、格闘ゲームの楽しさが伝わってくる本当に面白い漫画です。

残念ながら今は著作権の問題で連載を休止していますが、いずれまた連載が再開されるでしょう。

現在は5巻まで出ているので、気になる方はぜひ読んでみてください。

おすすめです!



Comment:0  Trackback:0
2014
05.22

白ゆき姫殺人事件

Category:
どもー紅茶です。

今回は久々に本について書いていこうかなと。

読んだ本はタイトルにもなっている「白ゆき姫殺人事件」です。

今年の3月末に映画化されて本屋でめちゃくちゃ宣伝されてたのにつられて買っちゃった感じですね。

作者は湊かなえさん。

ミステリー作家さんで、この「白ゆき姫殺人事件」もジャンルはミステリーになります。

さて、気になる内容についてですが、この本の主題となっているのはインターネット上での噂の拡散や炎上です。

ツイッターなどをやっている人は想像しやすいかと思いますが、SNSではみんながそれぞれ自由なことをいってますよね。

眠い。お腹すいた。がんばろー。なんでも気軽に匿名で書けるところがSNSのいいところです。

しかしそれは、なんでも気軽に"無責任”に発信できてしまうということでもあるのです。

この本ではマンマローというツイッターに似た架空のSNS上で、一つの殺人事件を対象にみんなが好き勝手に意見を書くことによって、一人の女の噂がどんどん肥大化していくというのが大筋です。

真実かどうかもわからない話が、さも真実であるかのように拡散していく。

SNSが普及したがゆえに発生した闇の部分ですね....。

これがこの本の大まかな概要になります。

今話題になっているSNSが物語の中心に置かれているので、みなさんもかなり共感を持って読みやすいのではないでしょうか。

内容はかなりブラックですが、とても興味深かったのでみなさんもぜひ読んでみてください!


Comment:2  Trackback:0
2011
10.11

神様のカルテ

Category:
まじ神。

最近やってる映画のほうの話ではなくて本の話です!

久しぶりに本読んで泣きました。

中でも、「良心に恥じぬということだけが、我々の確かな報酬である」

この言葉が心に一番残りました。

自分に誇りを持って生きていける、そんな人間になりたいものです。

みなさんも神様のカルテ、ぜひ読んでみてください!

心温まりますよ!感涙必至です!
Comment:2  Trackback:0
2011
09.13

最近

Category:
本の購入量&読書量が半端ない。

小説を1日1~2冊くらいのペースで消費してます。

ここ10日くらいで15冊読んでました。

そしてまだ10冊くらい積んであります。

HAHAHA...

お金も時間も足りません。

でも常にまだ読んでない本がある状態ってなんかいいよね。

今僕が読んでるのはNagIさんお勧めである高橋和明著 ジェノサイド。

その次に読もうと思ってるのがTwitterの方でお勧めしてもらった石田衣良著 スローグッバイ、1ポンドの悲しみ、愛がいない部屋。

そしてさらにその後に西尾維新著 少女不十分読もっかなって感じです。

まぁそれ以外にも積んでる本あるんで順番は多少前後するかも。

あー毎日が楽しい。

みなさんもお勧めの本があったらぜひ教えて下さい!

それではー。
Comment:3  Trackback:0
2011
09.09

図書館戦争

Category:
なにこの物騒なタイトル?と思った人もいるかもしれませんが実はこれ、小説の名前なんです。

「図書館戦争」

かなり有名な本なので名前を知っている方もかなりいらっしゃるのではないのでしょうか?

内容はといいますと主軸は恋愛に置かれてましてそれはもう甘々です。

お互いが自分の気持ちに気づかないふりをして、でもやっぱり意識してしまって、意識するあまりつい言葉が厳しくなったりして、そしてそんなこといいたくなかったのに…とへこんじゃう。

王道です。口から砂糖が出るくらい甘々です。

ついつい顔がにやけます。とても鏡は見れません。

…だがそれがいい!

もし時間がある方は是非読んでみてください。

僕は本が好きなのでこれからもちょくちょく紹介していきます。

みなさんにもよろしければお勧めの本を教えていただけたらと思います。

それではお疲れ様でした。
Comment:5  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。