--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
05.22

白ゆき姫殺人事件

Category:
どもー紅茶です。

今回は久々に本について書いていこうかなと。

読んだ本はタイトルにもなっている「白ゆき姫殺人事件」です。

今年の3月末に映画化されて本屋でめちゃくちゃ宣伝されてたのにつられて買っちゃった感じですね。

作者は湊かなえさん。

ミステリー作家さんで、この「白ゆき姫殺人事件」もジャンルはミステリーになります。

さて、気になる内容についてですが、この本の主題となっているのはインターネット上での噂の拡散や炎上です。

ツイッターなどをやっている人は想像しやすいかと思いますが、SNSではみんながそれぞれ自由なことをいってますよね。

眠い。お腹すいた。がんばろー。なんでも気軽に匿名で書けるところがSNSのいいところです。

しかしそれは、なんでも気軽に"無責任”に発信できてしまうということでもあるのです。

この本ではマンマローというツイッターに似た架空のSNS上で、一つの殺人事件を対象にみんなが好き勝手に意見を書くことによって、一人の女の噂がどんどん肥大化していくというのが大筋です。

真実かどうかもわからない話が、さも真実であるかのように拡散していく。

SNSが普及したがゆえに発生した闇の部分ですね....。

これがこの本の大まかな概要になります。

今話題になっているSNSが物語の中心に置かれているので、みなさんもかなり共感を持って読みやすいのではないでしょうか。

内容はかなりブラックですが、とても興味深かったのでみなさんもぜひ読んでみてください!

スポンサーサイト

Comment:2  Trackback:0
トラックバックURL
http://syanhaikoutya.blog69.fc2.com/tb.php/90-30709440
トラックバック
コメント
よんだことあるよ*\(^o^)/*
映画でもみたなぁ、でもやっぱ本のほうが色々想像できるかなすきだった
ちゅらdot 2014.05.27 00:30 | 編集
> よんだことあるよ*\(^o^)/*
> 映画でもみたなぁ、でもやっぱ本のほうが色々想像できるかなすきだった


映画は見てないからそっちも気になるなぁ。
やっぱり本のいいところって想像を膨らませられるところだよね。
毎日本読んで妄想してます。
上海紅茶館dot 2014.06.08 02:37 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。