--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
06.01

畑作りPart2

Category: 雑記
CFqZepfVAAAjONL.jpg


どもー紅茶です。

この記事は「畑作りPart1」の続きになります。

まだ読まれていない方は、前回の記事からお読みください。

前回記事 → 畑作りPart1

再び新潟についてからの最初の作業は畑の畝(うね)作りとなりました。

畝とは、畑を思い浮かべることができる人にはわかるかもしれませんが、土を細長く直線状に盛り上げたもののことを言います。

畝を作る理由は詳しくはわかりませんが、植える作物と地質に関係しているそうです。

ジャガイモなどを植えるのに適しているみたいですね。

というわけで、朝食を食べ元気が出たところで早速畝作りをすることに。

長靴に履き替え帽子をかぶって準備を整え作業に取り掛かりました。

畝作りの作業内容は畝同士が平行になるようにメジャーなどを使って長さなどを調整した後、畝となる場所の左右の土を掘り返し、その土を使って畝を作っていくというもの。

作業内容自体は単純でわかりやすいものでしたが、ひたすらクワとスコップ片手に土を掘り返し続けるのはむちゃくちゃきつい作業でした。

デスクワーカーにはつらひ。

特に僕の場合身長がかなり高いので、土を掘る際かなり背を曲げなければならずそれがかなりくるものがありました。

昼食をはさみつつ作業を続け、なんとか午後3時ごろに畝が12本完成!

達成感を感じつつひとまず休憩を取り更なる作業に備えました。

畝作りが完成した後は、畝にビニールをかぶせる作業に。

みなさんは見たことありますかね、ビニールが畝にかぶさっているところ。

このビニールには雑草が生えるのを防止してくれたり、肥料が流出するのを防いでくれる効果があるのだとか。

というわけで、作り上げた畝で作物がしっかり育つようにビニールをかぶせていきました。

こちらの作業は先ほどよりもかなり楽で、仮止めしつつビニールを畝の端まで引いた後、ビニールがはがれないように端に土をのせていくというもの。

散々土を掘り返したおかげかスコップの扱いもなれたもので、ささっと1時間ほどで作業は終了し、立派な(自賛)畑が完成しました!
CFrThmxVIAAGh57.jpg


いやー丸一日作業をし続けた甲斐もあって、喜びもひとしおですね。

その後は予定していた作業も終了したということで、おいしいご飯を食べてゆっくり休んで、終了となりました。

Part3に続く。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://syanhaikoutya.blog69.fc2.com/tb.php/222-75579c64
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。