--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
10.14

撃ちかた

Category: AVA
どもー紅茶です。

配信をしているときにクラーケンやM4A1の撃ちかたをかなり質問されるので、こちらに僕がどんなことを考えながら撃っているのかもろもろを書き出しました。

参考にしていただければと思います。

なお、こちらの記事はクラーケン及びM4A1を使用しての撃ちかたですのですべての武器に共通するわけではありません。

あと、FPS用語がよくわからない方はこちらのAVAwiki内にFPS用語集なるものがあるのでそちらを参考にしていただければと思います。

リンク → FPS用語集


・近距離はフルオート、遠距離はタップもしくは2~3点でバースト

クラーケンやM4A1は安定性が高い銃で、ある程度雑な扱いをしてもレティクルがしまった状態を維持します。
ですので近距離はフルオートで、そしてレティクルが開いたら当たりにくくなる遠距離はこまめにタップ、もしくは2~3点くらいのバーストを意識して撃っています。


・ストッピングをきっちり

クラーケンやM4A1は走りながらでもある程度弾がまっすぐ飛ぶのでストッピングをあまり意識していない人が多いと思うのですが、基本的にAVAでは弾がもっともまっすぐ飛ぶのはキャラクターが停止しているときです。
設置ポイントになだれ込むなどの際は仕方ないですが、そうでないときはこまめに逆キーを押してストッピングをしましょう。
集弾がかなり変わると思いますよ。


・被弾した際に撃ちかたを変える

おそらくここが一番難しいところでしょう。
AVAでは相手に撃たれた場合、レティクルがぶれたり開いたりします。
走りながらフルオートで撃ってるときに被弾したりしたらレティクルはぶれる上に開いてしまって集弾なんて絶対しません。
ですので相手に撃たれた場合はストッピングをしっかり入れ、なおかつフルオートで撃っていた場合は超近距離でないかぎり何点かのバースト、あるいはタップ撃ちに切り替えましょう。
ストッピングを入れ、なおかつ撃ちかたを切り替えることでレティクルの開きを最小限に押さえることできます。


ごくごく普通のことを書き出しただけなので中級者以上の方には当たり前だろって感じのことばかりでしょうが、これが僕が意識している撃ちかたの基本ですね。

被弾した際にどれくらいの感じでバーストしたらいいかなどは個人によって感覚が違うと思うので、実践の中で磨いてください。

個人的にはAIよりも様々な形で被弾することが多いコールドケースなどの殲滅のほうが撃ちかたの練習にはなるんじゃないかなと思います。

それではまたゲーム内でお会いしましょう!
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://syanhaikoutya.blog69.fc2.com/tb.php/143-369d4500
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。