--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
08.25

Daylight

Category: 雑記
header.jpg


どもー紅茶です。

今回は以前プレイしたSteamのホラーゲームDaylightについて書いていこうと思います。

ネタバレを含むのでやってみようかなーと思っている人はお気をつけください。

Daylightはいわゆる逃げゲー、鬼ごっこゲーあるいは脱出ゲーといわれるジャンルのゲームで、主人公に敵を倒す手段はなく、ひたすら何度も現れる敵から逃げながらー謎をときつつ脱出を目指すというゲームです。

おおまかなストーリーとしては、廃墟の精神病院で目を覚ました主人公が、自分がどうしてここにいるのか全くわけもわからないまま手にしたスマートフォンの明かりを頼りに襲い掛かってくる女の悪霊から逃げながら建物からの脱出を目指すというもの。

僕もこのゲームを始めたときは、このゲームをプレイした多くのプレイヤーたちと同じく、きっと物語が進むにつれてどんどん謎が解けていくに違いないと思っていました。

がしかし。

物語を進行しても全く謎は解けません。

プレイしていると、テキストやヒントのようなものは手に入るのですが、そのほとんどが精神を病んだ人を演出するためか、それとも単純に日本語訳がおかしかったのか内容が支離滅裂なもの。

謎が解けるどころか深まるばかりです。

ゲームとしては単調ながらもプレイヤーを驚かす演出が多く悪くはなかったのですが、いかんせん物語が全くつかめなかったせいでいまいちのめり込めず微妙な感じのままクリアしてしまいました。

やったこのとない人にあまりお勧めはできませんが、ホラー感はあったのでホラー好きな方は気が向いたら触ってみてください。

僕はホラーゲームが好きなのでこれからもちょいちょい記事をあげていく予定です。

みなさんもお勧めのホラーゲームがあったらぜひ教えてください!

最後にDaylightのトレーラームービーをどうぞ



スポンサーサイト

トラックバックURL
http://syanhaikoutya.blog69.fc2.com/tb.php/124-dd5fb0ed
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。