--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
06.30

殲滅練習2

Category: AVA
どもー紅茶です。

今回は以前書いた殲滅練習の記事の第2弾ということで、引き続き僕が殲滅中に意識していることをお伝えしようと思います。

前回の記事を読まれてない方はぜひそちらもお読みください!

前回記事URL → 殲滅練習

今回は第2弾ということで、引き際の攻防についてお伝えしようと思います。

殲滅をやっていると、撃ち合いが長引いて壁や箱などのオブジェクトに、お互い隠れる場面がありますよね。

みなさんはそのとき、敵が見えなくなった後もしっかり壁抜きをしていますか?

壁抜きとは敵が壁越しに隠れている位置を大まかに予測して撃ち、壁を貫通してダメージを与えることです。

AVAは銃によって弾が壁を貫通するかどうかが変わってきますが、壁の端っこはどんな銃でも貫通します。

AVA_140701_041728_[-128, 0,1132][1][SW-ColdCase]_00AVA_140701_041735_[-128, 0,1132][1][SW-ColdCase]_00


もちろん何も障害物のないところで敵に当てるのに比べて威力は多少下がりますが、それでもしっかりダメージは入ります。

隠れる場面というのは撃ち合いが長引きお互い少なからずダメージを負っていることが多いでしょう。

そういったとき、このような壁抜きが決定打になることも少なくありません。

また、そこでしとめきれなかったとしても少しでもダメージを与えておくことによって次の戦闘が有利になります。

これは爆破や護衛でもいえることで、こういった小さな積み重ねが最終的には大きな差になってチームに返ってくるのです。

みなさんも敵が見えなくなったからすぐ撃つのをやめるのではなく、隠れた敵に対してもう数発壁越しに撃つようにしましょう。

というわけで今回はここまで!

また次回~。



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。