--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
10.14

パニック・マーケット

Category: 映画
same.jpg


どもー紅茶です。

今回はパニック・マーケットという映画についての記事になります。

ネタバレもありますのであらかじめご了承ください。

パニック・マーケットは僕の大好きなパニックホラー系の映画で、いわゆるB級映画ってやつです。

舞台はタイトルにもついているスーパーマーケット。

津波の被害により浸水・孤立したスーパーマーケットになんと巨大なサメが津波とともに流れ込んできて、脱出を試みる人々を次々とむしゃむしゃするって感じの映画ですね。

みなさんはジョーズという有名なサメの映画はご存知でしょうか?

まぁあれの親戚みたいな感じの映画です。

テンポもかなりよく、サメもしっかり作りこまれていたので特に中だるみもなく(しょっちゅう喰われた)最後まで観ることができました。

特に印象に残ったのは、一組のカップル+カップルの飼い犬が脱出を図るところですね。

カップル+犬が浸水している場所を泳いでなんとか安全な場所にたどり着こうとするのですが、後ろからサメが迫ってきます。

このままでは喰われる!と思った彼氏はとっさに犬をちょっと離れた場所に投げ込んで、サメはそちらにターゲットを変更。

カップルは犬を犠牲に難を逃れることができるのですが、しかしその後彼氏は彼女にめちゃくちゃ怒られます。

いやそこは誰でもそうするやろ笑と思ったのですが、まぁパニックの状態だったので仕方ないかなとも思いつつ先に進めていけばなんと彼氏は途中でサメに喰われてしまいます。

なんという報われない彼氏…

しかも最後にサメを倒した後の脱出シーンでは、水の中に引きずり込まれたはずの犬の姿が。

喜んでいいのか非常に悩むシーンでした。

ですが全体を通してかなり作りこまれているいい映画だったのでモンスターが襲い掛かってくる系の映画が好きな方は一度ご覧になってはいかがでしょうか。

なかなか楽しめる映画だと思いますよ!
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2014
10.04

ROGUE

Category: 映画
ミニゲーム

どもー紅茶です。

今回は映画についての記事になります。

ネタバレもありますのでタイトルの映画が気になる方はご注意ください。

今回見た映画は「ROGUE」という映画です。

いわゆるモンスターパニック系の映画で巨大なワニが人間に襲い掛かるという内容。

ワニの多い地域の川を遊覧する船に突如巨大なワニが襲い掛かり、遊覧船は小さな島に座礁。

観光客達は湖の上の孤島に取り残されてしまいます。

しかもその島は満潮に伴い水没してしまうのでなんとか満潮までに脱出を試みなければならない。

しかし対岸に渡るにはどうしても湖を渡る必要があり湖の中には…

という感じの何人も犠牲にしながら脱出を目指す系のストーリー展開です。

最初はB級のしょっぱいグラフィックの映画かな~と思いながら見ていたのですが、ワニのグラフィックもしっかりしておりなかなか見ごたえのある映画でした。

僕はこういったパニックホラーの映画が大好きでいろいろみています。

みなさんももしおすすめの映画があったら教えてくださいね。
Comment:0  Trackback:0
2014
09.13

学校の怪談

Category: 映画
d41f070529.jpg


どもー紅茶です。

今回は学校の怪談というホラー映画についての記事になります。

学校の怪談はシリーズものの映画で、1が作られたのは今から20年ほど前です。

僕は今でこそホラー映画やホラーゲームが好きですが、20年前の当時、幼稚園児や小学生だったころは怖い映画やテレビを見た後は夜トイレに一人でいけなくなるくらいびびりでした。

ではなぜこんなびびりがホラー映画やホラーゲームに興味をもつようになったかというと、この学校の怪談シリーズがきっかけだったように思うのです。

学校の怪談はそのタイトルのとおり、学校が舞台で主人公は子供達です。

基本的にどのシリーズも何人かの子供達が呪われた、あるいは隔離された学校に閉じ込められ、様々な怪奇現象に襲われながらも脱出を図るというストーリーで、当時の僕は登場人物たちとまさしく同じ年齢だったのでそのままの目線でみれました。

ホラー要素だけではなく、友情や恋、別れなど様々な要素を含んでおり、ホラー映画は人を驚かすだけだと思っていた小学生の僕にはそれがとても新鮮で面白く、1はテレビで見ましたが、それ以降は新作が上映されるたびに親に頼んで映画館に連れて行ってもらっていたのを今も覚えています。

おそらく今見返してみると妖怪の演出などがちゃちくみえたりもするのかもしれませんが、それでもストーリーの部分は色あせないと思うので、近々また見返してみようかなと思っています。

みなさんもたまには昔見た映画や本を見返してみてください。

きっとまた当時とは違った視点で見れて面白いと思いますよ。


Comment:0  Trackback:0
2014
06.22

ザ・フィースト

Category: 映画
510Zs-XggSL.jpg


どもー紅茶です。

今回も前回に引き続き映画についての記事になります。

前回B級映画についての記事を書いたのですが、そのときにおすすめした映画「ザ・フィースト」の予告編動画を発見したのでこの記事を書くことにしました!

もし前回の記事を読んでいないのであればまずはそちらをどうぞ!

前回記事リンク→前回記事

さて、それでは本題の「ザ・フィースト」の話に入るわけですが、まずはこちらの予告編ムービーをご覧ください!

予告ムービーリンク→予告ムービー

見ていただけたでしょうか?

ごらんになった方はもうお分かりかと思いますが、この映画はいわゆるスプラッターホラーで、モンスターと戦う、エロ・グロが満載のとにかくアホな作品なんです。

何が一番アホかってまず最初に登場人物の寿命が表示されるんですよ。

誰がいつ死ぬかわからないっていうのがホラー映画の醍醐味なのにその定説を最初から完全無視。

しょっぱなから誰もがなんでやねんと突っ込みをいれます。

僕はもうこの時点でこの映画に心をつかまれてましたね。

その後も突っ込みどころ満載で、普通の映画なら協力して倒すぞ!ってなるところで一人逃走したりだとか、これ以上は完全なネタバレになっちゃうので控えますがとにかくやりたい放題の映画なんです。

このネタ要素の詰め込みっぷりは、作品がある程度自由に作れるB級映画ならではですね。

賛否両論分かれる映画だと思うので、声を大にしてはすすめられませんが、エロ・グロが大丈夫な方はぜひ一度見ていただきたいです。

というわけで今回の記事はここまで。

みなさんもおすすめの映画があったら僕に教えてくださいね!

それではまたー。


Comment:2  Trackback:0
2014
06.20

B級映画

Category: 映画
どもー紅茶です。

今回は映画についていろいろ書いていこうと思います。

まぁ映画といってもみんなが思い浮かべるハリウッドで作られた超大作やジブリなんかの話ではなく、モンスターや幽霊が出てくるいわゆるB級映画についてですけどね笑

みなさんはB級映画って言葉をきいたことがありますか?

B級映画というのは、ちょっと定義があいまいなんですけど、主に短期間撮影の低予算で製作された映画のことで、いわゆる二流作品のことをさします。

このB級映画のいいところは、低予算ということもあって監督が自由に作った娯楽目的の作品、つまりネタに走った作品が多いところ。

ゾンビが全力疾走して壁とか走りながら襲ってきたり、登場人物の死亡予告が映画の最初に表示されたりと普通の映画じゃまずお目にかかれないような笑えるシーンに出会えます。

B級映画はパニック・ホラーと呼ばれる、モンスターや幽霊が出てきて人がやられまくる作品が多いので、そういうスプラッター系が苦手な人にはおすすめできませんが、大丈夫な方はぜひ探してみてください!

ちなみに僕のおすすめは「ザ・フィースト」という映画で、さっき書いた最初に死亡予告が表示される映画です。

みなさんもおすすめの映画があったらせひ僕に教えてくださいね!

それではまた次回!

「ザ・フィースト」→アマゾンリンク

Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。