2020
06.07

環境設定とカスタムについて

Category: AVA
環境設定とカスタムについての記事はこちら → 環境設定リンク
Comment:1  Trackback:0
2015
05.18

100年ぶりのクラン戦

Category: AVA
どもー紅茶です。

めちゃくちゃ久しぶりに護衛のクラン戦に参加してきました!

半年振りくらいかな?

動き的な部分はざっくりとですが体が覚えていたのでまぁまぁ動けましたが、やはりちゃんとチームで取り決めをしていないと連携を取るのは難しいですね。

誰がどこにいって何をするというのをしっかり決めることの大切さを改めて感じました。

後はやはり普段からあまり練習できてないのもあってAIMがなかなか思い通りにいかない場面が多かったですね。

来ると分かっていて撃ち勝てなかったり、反応が遅れてヘッドに当てられなかったりと以前できていたことができなくなっていることに悲しみを覚えつつも、久しぶりのクラン戦に新鮮さを感じ、楽しくプレイすることができました。

AIMに関してはおそらく2週間くらいコールドケースに引きこもればある程度のものにはなるんじゃないかなーという感じなので、こればっかりはちびちびやっていくしかないですね。

主にリコイルの部分がぐちゃぐちゃになっていたので、そこを中心に修正できればなーと考えています。

まぁ今までと変わりなくあまり時間がとれないのでそう練習することはできませんが、何を中心にやるってだけでも結果は変わってくると思うので、目的を持ってのんびりやっていこうと思います。

みなさんもうまくなりたいなら目的を持ってプレイしましょう!
Comment:0  Trackback:0
2015
04.27

久々にアヴァー

Category: AVA
どもー紅茶です。

最近ちょこっと時間ができたので久々に配信しつつAVAをプレイしました!

アーカイブはまだ残っているのでよかったら見てみてください!
URL → 上海と紅茶の館

今回は久しぶりにデトの護衛メンバーと一緒に護衛マッチと爆破マッチをプレイしたのですが、スコア的にはなかなか悪くない感じでしたね。

現役でやってたころに比べると色々足りてない感はありましたが、それでも割りと調子がよかったのか、SRがいい感じにあたりました!

それでまぁ色々やっていくうちに特に下手になったなぁと思う部分がありまして、それはリコイルのコントロールでした。

武器の流行が変わり、14防具が実装され、そしてなにより僕のプレイ不足によって見事に僕の中でのリコイル感覚が崩れてしまい、撃ち合いの中盤以降をなかなか制することができませんでした。

指きりの間隔がさっぱり分からなくなったおかげで接敵したらとりあえずバーストで撃っとけみたいな状態でひどいことに。

こればっかりはメインの銃を決めて使い込まないと取り戻せないので骨が折れそうです…

ですがざっくりしたAimについては思ったほど劣化していなかったので、撃ち合いに関してボロ負けするという展開にはならずそこに関してはちょっと安心しました。

これからもガッツリプレイするというわけにはいきませんが、イベントなどを通して劣化しないようにはプレイを続けていきたいと思っているので、もしどこかで戦うことになったら手加減してくださいね!

熱いヘッドショット待ってます!




Comment:0  Trackback:0
2015
03.21

久々のマッチ

Category: AVA
どもー紅茶です。

先日、久々に野良爆破マッチに参戦してきました。

長らくAVAをプレイできてなかったので最初はどうなることかと思っていましたが、案外動きは体が覚えているもので、20キル以上もなんどか取り、安定してスコアを出すことができました。

全盛期に比べたらやっぱり下手になっているのだろうけど、それでも時間をかけて積み上げたものは急になくなったりはしませんね。

めちゃくちゃ下手くそなってたらどうしようと焦ってましたが、案外いい感じだったのでちょっと安心しました。

ちなみにこの野良マッチは全く知らない野良の人たちとVCをつないで行ったのですが、全く知らないプレイヤーたちと遊ぶのも新鮮で面白いですね!

今までは時間がなかったり配信してたりで、野良の人たちとVCをつないでプレイというのはしたことがなかったのですが、案外面白かったのでこれからはたまにはVCをつないで遊んでみようかなと思っております。

忙しかったりなんだりでプレイ時間はなかなか取れませんが、もし野良で見かけたときはどうぞよろしくです!

Comment:0  Trackback:0
2015
02.21

思考

Category: AVA
どもー紅茶です。

最近、びすた無限くんが僕のCCのプレイ時間の画像をTwitterに上げていたのを見かけて、当時何を考えながら殲滅をやっていたかをふと思い出したので忘れないうちに記事にしておこうと思います。

毎日のように殲滅をしていたころの僕が考えて練習していたのは大きく分けて以下の2つでした。

①初弾のHS率を上げる
②常に敵がいる可能性を意識し、AIMや動きの無駄をなくす

①は以前の「殲滅練習」の記事やDeToNatorの公式サイトに掲載した「Detコラム:上海紅茶館 vol.2 ヘッドショット率向上練習」などでも書きましたが、壁から出てきた敵に対してまず1発目を頭にあてることを心がけるということです。

ヘッドショットの重要性は以前書きましたので割愛しますが、自分が壁からどれくらい離してレティクルをおけば反応できるのか、階段から敵が出てくる場合どの高さにおいておけば初弾が頭にあたるのか、それを常に意識して練習を繰り返していました。

次に②に関してですが、敵は目の前からだけやってくるわけではありません。

目の前敵と撃ち合っていたら横から敵が飛び出してきた、自分の視界外からいきなり撃たれたなんていうのはよくある話ですよね。

もちろん横や後ろから撃たれたりしないのが一番なのですが、状況によってはそれが避けられない場合もあります。

ですからそういったときに、撃たれてからあわてて反応しないようにするためにも、「今俺はここからここまでが見えている。もし撃たれるとしたら左の箱裏からだろう。箱裏から撃たれたらこれくらいAIMを動かしながら右の壁に隠れつつ撃ち合えば対応できるはずだ。」と常に自分の視界外から撃たれたときにも対応できるように思考し、その際のAIMの動きや対応などを考えておくことが重要になります。

①と②を意識するだけで、レティクルの位置やAIMの動かし方に関してはかなり無駄がなくなるはずです。

思考や動き、AIMの無駄をなくしてきれいな倒せるAIMを身につけましょう。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top