2020
06.07

環境設定とカスタムについて

Category: AVA
環境設定とカスタムについての記事はこちら → 環境設定リンク
FC2 Management
Comment:0  Trackback:0
2014
08.18

2次予選突破!

Category: AVA
どもー紅茶です。

土曜、日曜と2日に渡って行われた大会、AVARSTseason2の護衛部門にクランQubeLeyで出場し、見事予選を1位通過しました!

応援してくれた方々本当にありがとうございます!

やっぱり大会に出るのは楽しいですね。

練習時間はあまり確保できませんでしたが、なんとか結果を出すことができました。

これで僕達は8月末に行われるオフライン大会への出場権を手に入れたことになります。

詳しい日程や開催場所はまだ発表されてないのでわかりませんが、おそらく1Dayトーナメントになるのではないでしょうか。

爆破部門ではもちろんDeToNatorに優勝してもらいたいですが、護衛部門では優勝を譲るつもりはありません!

打倒DeToNatorを目指してオフに向けて練習していくのでみなさんも僕たちの活躍にご期待ください!

最後に今回の大会予選6戦のスクリーンショットをぺたり。
b3d49a6d4400217cf9ebd53b58ad95a5.png 4c7daf0e355fd711d7834d7cb6a55eed.png
473bcf4c078f0922262dc6aea5bfdde4.png 989972ea42a88f6ba78b7591b8ec85e5.png
d551d3f2a42c3645f47359c15f74e932.png 30af4b91bb96255d2c9d8fc6d9efa9f1.png



Comment:0  Trackback:0
2014
08.11

ごえーい

Category: AVA
どもー紅茶です。

最近クランをDeToNatorの育成クランであるQubeLeyに移籍して護衛のクラン戦にちょいちょい参加してます。

理由はもう知っている人もいるかと思いますが、8月中に行われるRSTの護衛部門に出場するためです。

チームメンバーに、練習する時間はあまり取れなくてもいいから一緒に出てみないかと誘われて出場することにしました。

そんなわけで最近は数ヶ月ぶりにクラン戦をする日々なのですが、やっぱりクラン戦は楽しいですね。

もともと僕は護衛プレイヤーとしてDeToNatorに入り、2年ほど活動。

その後、爆破に転向しました。

ですから護衛のクラン戦を本格的にするのは数年ぶりで、また昔のように配置や兵種、動きを考えながらプレイするのは野良では味わえない充実感があって毎日が本当に楽しいです。

練習時間はあまり取れてはいませんが、反省会もしっかりしつつ日々チームとして強くなっているのが実感できます。

大会ももう目前ですが打倒DeToNatorを目標に練習を重ねていくのでみなさんも応援よろしくです!(笑)

大会であたる人は手加減してくださいね!

そんなわけで今回はここまで。

また次回!

Comment:0  Trackback:0
2014
07.14

久々に配信

Category: AVA
どもー紅茶です。

やっとこ新居への引越しが終了しました。

といってもまだ前の家の掃除やらなんやらが残ってはいるので、新居と行ったり来たりではあるのですが、とりあえず生活のベースは移せた感じです。

なにはともあれ、ひとまず落ち着いたということで昨日1週間ぶりにAVAプレイ&配信をしました。

マイコミュニティ → 上海と紅茶の館

久々だということもあって、最初の殲滅数戦は弾が全然あたらなかったのですが、途中からは勘も戻ってきてしっかり当たるように。

後半はかなり調子がよかったんじゃないかと思います。

ですがやはり、現役でやってたころに比べるとどうしても鈍った部分が出てきてしまっているのもまた事実。

前だったら当てれたのに!

という場面があるのはやっぱり悔しいですね。

しかしこのまま錆び付くつもりはありません。

今までの経験を生かして、練習時間が少ないからこそ効率よく練習していくつもりです。

現役のプレーヤーたちに負けないようこれからもばっちり練習していくのでみなさんも戦場で会ったときはよろしくです!
Comment:0  Trackback:0
2014
06.30

殲滅練習2

Category: AVA
どもー紅茶です。

今回は以前書いた殲滅練習の記事の第2弾ということで、引き続き僕が殲滅中に意識していることをお伝えしようと思います。

前回の記事を読まれてない方はぜひそちらもお読みください!

前回記事URL → 殲滅練習

今回は第2弾ということで、引き際の攻防についてお伝えしようと思います。

殲滅をやっていると、撃ち合いが長引いて壁や箱などのオブジェクトに、お互い隠れる場面がありますよね。

みなさんはそのとき、敵が見えなくなった後もしっかり壁抜きをしていますか?

壁抜きとは敵が壁越しに隠れている位置を大まかに予測して撃ち、壁を貫通してダメージを与えることです。

AVAは銃によって弾が壁を貫通するかどうかが変わってきますが、壁の端っこはどんな銃でも貫通します。

AVA_140701_041728_[-128, 0,1132][1][SW-ColdCase]_00AVA_140701_041735_[-128, 0,1132][1][SW-ColdCase]_00


もちろん何も障害物のないところで敵に当てるのに比べて威力は多少下がりますが、それでもしっかりダメージは入ります。

隠れる場面というのは撃ち合いが長引きお互い少なからずダメージを負っていることが多いでしょう。

そういったとき、このような壁抜きが決定打になることも少なくありません。

また、そこでしとめきれなかったとしても少しでもダメージを与えておくことによって次の戦闘が有利になります。

これは爆破や護衛でもいえることで、こういった小さな積み重ねが最終的には大きな差になってチームに返ってくるのです。

みなさんも敵が見えなくなったからすぐ撃つのをやめるのではなく、隠れた敵に対してもう数発壁越しに撃つようにしましょう。

というわけで今回はここまで!

また次回~。



Comment:0  Trackback:0
back-to-top